睡眠の質は環境によって変わってくる

睡眠の質は環境によって変わってくる

 

最近寝付きが良くない、時間にしてみるとしっかり寝ているはずなのになかなか

 

疲れがとれないといった状態に悩まされているという方は意外と多いのではない

 

かと思います。睡眠に関する悩みというのは心配事やストレスなどの心因性の原

 

因がある場合もあるのですが、実は寝室の環境にも左右されてしまうと言われて

 

います。環境がどうなっているかによって睡眠の質が変わってくるのです。まず

 

みておきたいポイントは温度です。室温を26度程度に保ち、湿度は60%ほどにし

 

ておくのが理想だと言われています。夏は暑いのを我慢したり、反対に涼しくし

 

ようとエアコンの温度を下げすぎてしまいがちですが、それが質を悪くする原因

 

だという可能性もあるのですね。次に照明にも気をつける必要があります。寝る

 

寸前までテレビやパソコン、スマートフォンなどをいじっているとディスプレイ

 

の光で脳が覚醒してしまいます。また、部屋の照明も寝る一時間前くらいから少

 

し暗めに落とすと良いでしょう。間接照明を使うのも良い方法です。眠りが浅か

 

ったりすると日中の生活にも支障をきたしてしまいます。もしかして不眠症なの

 

ではないかと疑う前に、自分の寝室を今一度見直してみるのも良いかもしれませ

 

んね。